パピヨンの大きさを比較する、パピヨンだらけ一体何匹いるの。

パピヨン

パピヨンの大きさを比較する、パピヨンだらけ一体何匹いるの。

パピヨンだらけ。

大、中、小、様々な大きさの

パピヨン大集合。

これだけ多くのパピヨンはなかなか

お目にかかれません。

群れているにも関わらず、

それぞれのパピヨンは

「ワレ知らん顔」とばかりに

涼しげな様子。

さて、ここで問題です。

ここにいるパピヨンは

いったい

何匹いるのでしょうか?

みんな同じ顔と毛並みの中には

隠れパピヨンもいたりして^^

よ~く見ると耳の大きさや、

体の大きさも微妙に違いますね。

飼い主だけはウチの子だと

分かるんでしょうね。

しかし、

みんな良い子たちですね^^

マダパピオフ会 記念撮影


極小サイズの可愛いパピヨン♪

チワワとパピヨンのミックス犬

スピッツ+チワワ=パピヨンなのに

チワワとパピヨンだと雑種に

なってしまうんですね!

しかし、かわい過ぎます^^

野菜をねらうパピヨン

感想をまとめてみました。

パピヨンの名前は、先端に豪華な[飾り毛]が付いて直立した大きな耳が、まるで羽を広げた蝶のように見える事に由来しています

パピヨンの顔全体をよ~く見ると

蝶の形に見えますね^^

パピヨンの性格は気難しく

気まぐれ説もありますが、

あくまでも噂です。

日本語では蝶と蛾を区別するが、ヨーロッパでは区別が必要な時には蛾を「夜の蝶」と言ったりして、大抵両者を一つの言葉で表している。蝶には花から花へと飛び、蜜を吸う華やかなイメージがあるが、フランス語のパピヨンはそのイメージから「気まぐれ、移り気」な精神の持ち主を指すことがある。
パピヨンはフランス語で蝶のこと。15世紀以降のフランスで寵愛された犬で、マリー・アントワネットの愛犬もパピヨンだったといわれている。彼女の愛犬、ティスビーは彼女の死の悲しみのあまり、セーヌ川に身を投げたという一説もある。
ゲルマン祖語を源とする言語にはこのfifaldǭから変化した「蝶」を今も日常的に用いるものもあり、fiðrildi(アイスランド語)、fjäril(スウェーデン語)などがそうである。
ちなみにフランス語の蝶はpipillon(パピヨン)で、これもpāpiliōからの変化だ。
パピヨン風にいうなら、蝶ッ最高!!

パピヨンに関しては、

色々な噂がありますね。

真実はいかに^^

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ