ドッグフードの選び方 選ぶ基準は品質と値段と好む形。

ドッグフード

ドッグフードの選び方 選ぶ基準は品質と値段と好む形。

ドッグフードを選ぶ基準が
あったら教えて欲しい。

何を基準に選んだら良いのか
わからない。

少量でも高価なものが良いのか?

それとも
大量で安価でも良いのか?

ドラッグストアやホームセンターで
販売しているドッグフードの
品質はどうなのか?

どうせ犬が食べるから
何でも良いんじゃないの?

といったご意見も
たくさんありそうですが、

ドッグフードを選ぶ基準について
ご紹介いたします。

1、ドッグフードの選び方

1-1、ドッグフードを選ぶ基準。

ドッグフードを選ぶ基準は
ワンちゃんの体格によって
異なります。


大型犬と小型犬では
食べる量も違い小型犬は少なく、
大型犬は多くなます。

例えば、
1kg入りのドッグフードを
購入した場合、
小型犬は10日で消費するのに対して
大型犬の場合は3日で消費してしまいます。

少量で販売されている
ドッグフードはどうしても
値段が高くなります。

経済的にみても
コストが高くなります。

だからといって

小型犬に10kg入りの
大袋を購入した場合
食べきるまで時間がかかり
どうしても鮮度が落ちて
しまいます。

酸化したドッグフードは
味も悪くなり、
ワンちゃんは食べてくれません。

開封後は出来る限り
早く消費するのが
一番良い方法になります。

しかし、

大型犬の場合は、、
大袋でもすぐに食べきって
しまうので問題ありません。

お菓子と同じで
開封して時間が経ってしまうと
酸化します。


酸化するとしけって
どうしても触感と風味も
落ちて美味しくありませんね。

ドッグフードの値段が高ければ
高いほど良いのか?

それとも、
安価で良いのか?

検証していきます。

ドッグフードの形

1-2、ドッグフードを選ぶ値段。

ドッグフードは
様々な価格帯で販売されており、
値段が高いものから
安いものまでたくさんあります。

値段が高ければ高いほど
ワンちゃんにとって良いのか?

それとも
値段が安くてもワンちゃんにとっては
関係ないのか?

検証していきます。

高価な高級ドッグフードを
与え続ければ長生きする。

高級食材を使用しているので
健康に気を使っているので
安心できる。

という説もありますが、

人間の場合で例えると、

高級食材を使った料理ばかり
食べている人と
質素な料理を食べている人を
比べると、

高級な料理を食べている人が
長生きするわけでなく、

逆に質素な料理を食べている人が
長生きする場合もあります。

安い食材ばかり
食べているからといって
寿命が短くなるとはいいきれません。

結局、ドッグフードの値段は
飼い主さんの自己満足
によるものなのです。

しかし、

通常スーパーで販売されている
お米の価格は平均して
5kg、2000円とすると

1kg、1500円の
ドッグフードをワンちゃんに
与えるということは、
人間の食べる高級米に値する。

人間よりも高価な
食べ物を食べていることに
なります。

ドッグフードの価格だけみると
高いように感じますが、

ワンちゃんは人間と違い、
お酒を飲んだり、
お菓子やケーキを食べたり、
ジュースやコーラを飲んだり、
タバコを吸ったりしません。

なので、ワンちゃんの
総合栄養食として考えると
安く感じます。

次項では、

お気に入りのドッグフードも
見つかり、毎回購入しているのに
色や形が若干ちがう!

といった疑問について
解消していきます。

1-3、ドッグフードを選ぶ品質。

毎回購入しているドッグフードなのに
今回のは色が違うし、
粒も少し小さめのが入っている。

おまけに匂いが違う。

ということも
ごくまれにあります。

色がちがうのは特に問題ありません。

ドッグフードの色が違うのは
原材料が同じでも
そのときの仕入先によって
若干、色に誤差が生じる場合も
あります。



しかし、

粒の形が全て同じ大きさではなく
小さい粒が入っている場合は
要注意です。

ドッグフードを製造する工程で
他のドッグフードが混入している
場合があります。

匂いがいつもとあまりにも
違う場合は、製造後の保管状況で
品質が変わっている場合が
あります。

倉庫で保管する際、
高温多湿の直射日光の当たる場所で
長時間保管されていたら
とうぜん品質も悪くなります。


あまりにも粒がバラバラだったり、
匂いがいつもと違うようでしたら
メーカーに問い合わせするのが
手っ取り早い方法です。

現物を写真添付してメールで
送ると一番分かり易いですね。

ドッグフードの形によって
ワンちゃんの食いつきが変わるのか?

次項で見ていきます。

1-4、ドッグフードを好む形。

食べやすいドッグフードを
与えることは
ワンちゃんの食欲にもつながります。

大型犬と小型犬では
ドッグフードの形によって
食べやすい形と
食べにくい形があります。

それぞれ口の大きさも違い、
食べ方も、もちろん変わってきます。

小型犬の場合は、
口も小さく良く噛んで食べる
傾向にあり、

大型犬の場合は、
どちらかというと
噛むというよりも
丸呑みすることが多いので、

ドッグフードの形にもひと工夫
しているそうです。

小型犬の好むドッグフードは
丸い平型の形のほうが
噛みやすいので食べやすくなり、

大型犬はまん丸のドッグフードの
ほうが喉に痞えることなく
スムーズに食べれます。

犬種ごとに作られている
ドッグフードも
多数販売されているので、

購入する前に、

ペットショップで、
サンプルをもらうのも
良いでしょう。

2、ドッグフードの選び方、まとめ。

ワンちゃんは人間と違い
人間の言葉を話すことが
出来ません。

飼い主さんたちは、

ドッグフードを与えたときの
様子や表情をよ~く観察して、

ワンちゃんたちの感情を
読み取る姿勢も必要です。

喜んで食べてくれるけれど、
下痢や柔便が続くようでは
ドッグフードを変える必要が
あります。

以上の項目を踏まえた上で、

ワンちゃんたちの
感情や体調にも気を使い、

そして
何よりも元気に喜んで
食べてくれるドッグフードを
選びましょう^^

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ